大きな利益得たいならば海外FX

FXとは何なんでしょうか。
当時、超初心者の僕はまずそこからわからなかったので、これを機にインターネットで調べてみました。
FXとは外国為替証拠金取引の略称です。

異なる2国間の通貨の為替レート差額を鑑みて利益を創りだすという取引方法のことです。これだけ聞いてもよくわかりませんよね。

通貨の価値というのは円安、円高、ドル安、ドル高というように社会情勢によって上がったり下がったりを繰り返しています。例えば2016年3月29日の円相場は1ドル=113.38円でした。これが例えば明日何かが起きて1ドル=120円になると円の価値が高まるので円高となります。
逆だと円安というわけです。

この仕組を利用して儲けるのがFXだということですね。具体的な取引としては、例えば、1ドル=113円のレートの際に、手持ちの113000円で1000ドル購入しておきます。

そして1ドル=120円のレート担った瞬間に1000ドルを120000円に換金します。するとなんと、これだけで差額7000円を手にすることができるわけです。

もちろんFXを本格的にやっている人掛け金はこんなものではなくもっともっと多いので、ハイリスクハイリターンの取引方法だと思います。

ちまちまやればいいのでは?と思うかもしれませんがそれだと手数料を取られ損なので、ある程度の額で取引しないとならないわけですね。

僕はFXを始めてかれこれ3年くらいになります。
少ない資金で始めることが出来ることもあって、最初は興味本位で始めました。

しかし、やっていくうちにFXの奥深さを知りすっかりとハマってしまいました。

そこから本格的に学習して真剣にFXのトレードを行うようになりました。

それからは徐々にではありますが、利益を出せるようになってきて、しっかりと資金管理をして根拠のあるトレードを繰り返していけば、利益を出していけるものだと確信がもてるようになってきました。

そこで、最近海外FXの口座を始めて持つことにしました。これまでは国内のFX会社の口座のみを複数持っていました。なんとなく国内の方が安心出来る気がしたからです。

しかし、海外FX会社だとレバレッジを高くすることが出来るので、海外FX会社の口座も一つ持っておこうと思い申し込んでみることにしたのです。

いざ、申し込んでみると日本語の案内もありましたし、問題なく口座を持つことができましたし、これまで問題なく使用することができています。

国内業者でFXを行っても、結局やり方次第で利益にも損失にもなりますが、それでも大きな利益を得たいならば海外FXを使うしか無いと言えます。

一度の取引で大きな勝負に出て稼ぎたい、リスク承知で取引したい場合は、レバレッジを大きくして取引出来る海外FX一択と言えるものです。

国内では個人投資家が25倍までという規制がありますが、海外FXの場合は数百倍以上の取引も可能であり、法人口座を作れるならば大きな取引が出来る可能性が国内でもありますが、それでも海外FXのレバレッジの高さには勝てないですから、ここぞという場面で取引する時には、海外業者を使うと大きな取引が可能になります。

当然ながら大きな勝負に出るという事は、利益が倍増する可能性を秘めていても、損失もそれだけ倍増していくわけであり、一瞬で資産を吹き飛ばしてしまう可能性もあるものです。

リスク管理を行って、どこまで損失を許容出来るのかを把握した上で、取引を行う事が有効と言えます。